dj_top

cin母

Author:cin母
cindy家の世帯主、
シンちゃん。
12歳4ヶ月。
笑顔のとっても可愛い
ハスキーの女の子ッ!

*2011.12.21*
虹の橋を渡りました..

現在の閲覧者数:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード

シベリアンハスキー cindy と M・シュナウザーの billy 、エアデールの emily 3wan's の cindy家な日々。
http://cindys409.blog95.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.08.09(Tue) 20:57


そして、これを買ってみた。
お散歩で歩けなくなった時に、11キロ近いビッ君を抱っこして帰るのが正直かなりキツかったので。
胴から支えられるように取っ手が付いていて、そこを持ってあげるとヨイショヨイショと自力で歩きます。
これひとつで、ビッ君も私もずいぶんラクになりました。

[ 老犬介護用歩行補助ベスト]という商品名なのですが、「老犬介護用」というコトバがとても切なくて…
そっか〜、老犬介護なのか。とシミジミ思い…。

そして、そして、
その介護をますますラクにする為に、



ビッ君のお腹から胸、後ろ脚の付け根の内側までの毛を剃りました。
ペットシーツでオシッコの時にオシッコの上に腹ばいの状態になってしまうことがたびたびありビショビショになります。
毎回シャンプーして乾かしていましたが、これでササッと洗ってタオルで拭くだけでOKになりました(^O^)/

(画像のビッ君のお腹パンパンですが、病気でも何でもなく、仔犬の時からずっとこういう体型です ( ̄m ̄) )

犬の1年は人間の7年のスピードって言われているけど、ホントにそうなんだと実感する日々。

ついこの間まで、あんなに歩いて走って遊んで、色んなことに喜んだりはしゃいだりしていたのに、
1日1日少しずつ…気づいたらずいぶん変化していました。

以前のビッ君ではないけれど、ビッ君が辛そうでないから、全然いいんだと思っています。
歳をとるのも老化も当たり前のことだから、むしろ痛いところ苦しいところ具合が悪いところがないことに感謝しています。
あとはビッ君がいくらでも心地よく安心して日々を過ごせるように…。




 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:未分類 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

ビッツくんの歩いてる後ろ姿、可愛い~♡アンヨにチュッチュしたくなります~~(変態)♡♡

立派なお腹、すぐに気になったんだけど、あれってパピーの頃からで普通体重?
実はナナもそんな感じでずっと肥満?って気にしてたんです。
2.6Kgが3Kgになって、さすがにダイエットしてるところです。
同じ量を食べてもチイはアバラ骨を触れる体型を維持してるのに、ナナはムチムチになる。食いしん坊で掃除機のようにフードを吸いとってますよ・・・。

NAME:EVE*イブ | 2016.08.21(日) 16:14 | URL | [Edit]

 

イブままさん、

ナナちゃんもこんなお腹?(笑)
ビッ君はもともと骨格が大きくて普通のミニシュナよりだいぶ大きいんですが、太っちょ君でもあります。
けど、病院では肥満ではないというし。
むしろエミちゃんが肥満だと言われています(汗)

NAME:cin母 | 2016.08.24(水) 17:10 | URL | [Edit]

 

介護ベスト バジルもお世話になりましたよ。
かなり便利ですよね。
後洗い替え様にとバスマットに持ち手を付けたのを作りました。だいちゃきさんにバスタオルで補助ベルトみたくのを
教えて貰って、も少し厚手の生地の方が30キロ近くあったバジルにはいいかなって思って。
こうして少しづつ赤ちゃんに戻って行くんですよね。
それでも笑顔で一緒に過ごしてさえくれれば
こんなに幸せな事はないですよね。
後ね、ガムテープで繋げた大判のペットシートを下に引いておくとお掃除も楽ですよ。タイルカーペットみたく
汚れた箇所だけ切り取って張り替えるんです。
こうした工夫してる時でさえ、幸せいっぱい感じてたの
思い出しました。
ビッ君、いっぱいcin母さんに甘えていいから
長生きしてね。
cin母さんは頑張りすぎないでね。

NAME:バジルママ | 2016.08.26(金) 17:04 | URL | [Edit]

 

バジルママさん、

バジルママさんは本当に献身的にバジル君の介護をしていましたよね。あの頃のブログのバジル君を思い出してキュンとしています。
あー!シンちゃんが歩けなくなった時に私も応急でトートバッグを壊してそういうのを作りました。そしたらだいちゃきさんが可愛い柄の新しいのを作って送ってくださって…温かい気持ちに涙でした。
だけどその翌朝シンちゃんは虹の橋を渡ってしまい…、眠ってるシンちゃんにつけてあげたよ。
あれー、思い出話しちゃった。

ビッ君は今のところはまだ大丈夫だけど、だんだんにバジルママさんが言うようにペットシーツを部屋中に敷くようになりますね。
その子のために色々工夫したり考えるのが幸せって、本当そうなんだなぁと思います。

NAME:cin母 | 2016.09.10(土) 16:28 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 cindy家の日記, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。