dj_top

cin母

Author:cin母
cindy家の世帯主、
シンちゃん。
12歳4ヶ月。
笑顔のとっても可愛い
ハスキーの女の子ッ!

*2011.12.21*
虹の橋を渡りました..

現在の閲覧者数:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード

シベリアンハスキー cindy と M・シュナウザーの billy 、エアデールの emily 3wan's の cindy家な日々。
http://cindys409.blog95.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.07.12(Tue) 21:49


ここ数年、cin母の周りは高齢の犬が多くて。
飼い主同士の話も犬が若い時とは全く内容が違って来て、耳がどれだけ遠くなったとか目が白くなったとか脚が弱ってきたとか、病院に行って来たとかの類が中心です。
仔犬時代から10年以上を一緒に過ごして、いつの間にか飼い主を追い越して年老いていく愛しい子との時間を みんな大切に過ごしています。
犬はもちろん、飼い主も同じだけ歳を取って来たわけで( ̄ー ̄)以前のように活動的に遊ぼう!という雰囲気もなくなりました。
なのでたまにメールをやり取りはしても、気づけばウッカリ数ヶ月会わないでいたりすることも。

そんな高齢犬ママ友から突然 電話がかかって来ると…
ちょっとドキドキします。
普段 特別な用事以外メールなのに、電話って!?
何かあったのかな?
まさか、まさか…



もっ、もしもし、
ど、どうしたの?
という感じで電話に出てしまいます。
犬友ママもそこは予測して、こちらから何も言ってないのに第一声が

「違う違う、
大丈夫、生きてる生きてる(笑)」

ホッとして、可笑しくなり、一緒に大笑いしてしまいます。
こういうことが、結構あって。
必ず出る最初のワードが、
まずは「違う違う」。
で、「生きてる生きてる」
「大丈夫、まだいるから」
っていうパターンです。
私もこれ全て過去に何度か使いました(*^o^*)

こんなふうに笑えているのもまた、今ここにいてくれる幸せがあるから。
いつまでもいつまでもずーっと、
「違う違う〜!」ってお互いに大笑いしていられたらいいのに。




 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:未分類 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 cindy家の日記, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。