dj_top

cin母

Author:cin母
cindy家の世帯主、
シンちゃん。
12歳4ヶ月。
笑顔のとっても可愛い
ハスキーの女の子ッ!

*2011.12.21*
虹の橋を渡りました..

現在の閲覧者数:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード

シベリアンハスキー cindy と M・シュナウザーの billy 、エアデールの emily 3wan's の cindy家な日々。
http://cindys409.blog95.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2015.11.30(Mon) 22:58


この時期は どうしてもどうしても、シンちゃんの1番つらかった時がよみがえってしまいます。
病気が発覚した日。
入院した日。
何度か危険な状態になっても会いに行けなくて苦しかった時。
手術の日。
やっと面会出来た日。
11月のカレンダー。
いつのシンちゃんのことも、時間が経っても全然平気にならない。胸が張り裂けそうな、そのまんまの思いが、消えない。
考えないようにしても考えないようにしても、消えない。
昨日は、シンちゃんが退院して家に帰って来た日でした。
病院で帰り際に言われた「また、すぐに歩けなくなります」。
十和田からの帰り道、車の中でずっと嬉しそうな顔して景色を見てたシンちゃんが、
久しぶりに帰って来た家に入ってとても安心した顔をしてたシンちゃんが、
切なくて切なくて可愛くて可愛くて、かわいそうでかわいそうでかわいそうでかわいそうで…
いつまでたっても。



そんなcin母を見かねたシンちゃんが、ゆうべ夢で会いに来てくれました。
なんと 脱走している夢。
元気でパワフルでハイテンションなシンちゃんが走りまわってた。
嬉しそうに、キラキラの目をして、懐かしいあの軽い足取りでピューンと…。

コラーッ!とか、待てーっ!とか、もぉ〜シンちゃんってば!とか言いながら追いかけてるcin母は、プリプリ怒りながらも楽しいような、何か懐かしい感覚でした。

シンちゃんからのメッセージだと思いました。
がぁさん、シンちゃんはいつも楽しく元気に生きてたでしょ?
シンちゃんはかわいそうに生きてたっけ?
本当のシンちゃんを思い出してねッ。

ああ、そうだった…
シンちゃんはいつだってキラキラに輝いてるシンちゃんだった。
そうだよ、今もキラキラに輝いてる。



明日から12月です。



 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:未分類 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 cindy家の日記, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。