dj_top

cin母

Author:cin母
cindy家の世帯主、
シンちゃん。
12歳4ヶ月。
笑顔のとっても可愛い
ハスキーの女の子ッ!

*2011.12.21*
虹の橋を渡りました..

現在の閲覧者数:

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード

シベリアンハスキー cindy と M・シュナウザーの billy 、エアデールの emily 3wan's の cindy家な日々。
http://cindys409.blog95.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.27(Mon) 23:49
久しぶり~に・・・しみじみと思うことがあって書きたかったんですけどね

先月1ヶ月間cindy家で預かったMシュナのティアラのこと。

aDSCN0353_convert_20090427232653.jpg


なぜ預かったかというと・・・

ビッ君の実家のパパのお知り合いで初めて犬を飼うというご夫婦なのですが、ご主人がずっと犬を飼いたいと思っていてついに迎えようかということになりまして!
それで、ガゼン張り切ったのがビッ君の実家のN子ママ大のシュナウザー好きです。
当然N子ママはどうせならシュナを!!とプッシュ。
縁があったとしか思えないタイミングでティアラがおりまして、既に生後4ヶ月になっていましたがとんとん拍子に話も進みすんなりと迎えられることになりました。

が、、、

奥様は実は犬が苦手だったのです。
苦手というよりも、犬に対して特に何の感情も持たない。。。と言うか、これまで犬に興味を持ったこともなくて全く関心がないから、可愛いと思ったこともなかったそうです。
だから嫌いというのとはちょっと違うけれども・・・かまってあげたり抱っこすることが出来ないと。

最初にそれを聞いた時不安になりました。
え~?それで飼えるの????

しかも奥様はネズミが大大大嫌い!なそうで、ネズミの絵ですら受け付けないほど嫌い・・・
え~っ???それでシュナウザーって。。。???!モロにネズミ色だしカットすると背中の短い毛並みなんてネズミの感触そのものっぽいし・・・抱っこ出来ないだろうな。。
シュナってなんか“トッポジージョ”みたいじゃないですか。そう言えばもともとシュナのお仕事って[ネズミ捕り]だったんですよね( ̄m ̄;)

N子ママと「・・・どうしよう?」と不安になるばかり。
N子ママは気を利かせて自分の愛犬(もちろんシュナ)を連れて、少しでも受け入れやすくなれば・・と色々お話もして来てくれました。

奥様は「今はピンと来ないけど、必ず好きになります」とキッパリと言ってくださったそうです

そうは言っても不安なことだらけ。
しかもティアラはもう4ヶ月。もともと信用出来るところで生まれてきちんと上手に育てられていたので何の問題もない素晴らしくイイコだったのですが、[犬のいる生活]そのものの何もかもが見当がつかないパパ&ママ。

最初の希望では、ご主人がいる時だけしかかまってあげられないし自由にしてやれないからと、広いサークルを用意してティアラはほとんどの時間をそこで過ごすようにしたいとのことでした。

まぁ、飼い方はそこの事情によってそれぞれなので仕方ないかな・・・と思いましたが・・・が~!cin母もN子ママも絶対にそれを覆せると思ったから預かろうと思いました。
私が何かをするというのじゃありません。ティアラが本当にイイコで、可愛い!と思わせる魅力をたくさん持った子だったから、必ずY家のパパはもちろん、ママにも必ず愛されると信じられたからです。
そして何よりも、Yさんご夫婦のどうしたらいいのかわからない、でも犬を迎えたい思いは真剣だという気持ちがわかったから。

それでうちでとりあえず預かって、どんなふうに過ごしているのかティアラのパパ&ママに見に来てもらいながら週末はティアラのパパ&ママのY家に帰る、というかたちで馴れて行ってもらいました。

最初は本当に、何もかもがどうしていいやら・・という感じだったパパ&ママが、どんどん変わって行くのをお会いする度に、電話でお話する度に感じられてとても嬉しくてN子ママとふたりで喜んで

そしてそして、今月初旬にY家に帰ったティアラです。めでたし!!

今ですか?

もちろん幸せ。先週末にオジャマしちゃいました。

aDSCN0330_convert_20090427232741.jpg

なんと今ではパパよりもママがティーちゃんに夢中
一生懸命にティーちゃんをみてあげて、どうしたらティーちゃんにとっていいのかな?ということをいつも思いながら、そして楽しそうにやっています。
犬を飼うことに慣れてしまってる私達が忘れていた気持ちを思い出して、胸がキュンとしました。

サークルなんて、やっぱり必要ありませんでした
もう抱っこも全然平気でしてもらって・・・
ママの腕まくらでティーちゃんはお昼寝しているのだとか。
お散歩もママと。
ティーちゃんはママが一番大好きでいつもママの傍にべったり
とっても幸せそうです。

犬がいる生活の幸せは、あれこれ考えなくたって
ちゃ~んと犬が教えてくれるんですよね!

犬って・・・
犬って、素晴らしい~
人の心をとかしてあったかい思いを届けてくれる。しかも、自然にそぉっと・・・。

ティーちゃんはこれから一生、パパとママに世界一愛されてたくさん幸せもらって、
そしてパパとママにたくさんたくさん幸せをあげられるね。

私もN子ママも、ティアラ家から幸せな気持ちをたくさん分けてもらってます。

ティーちゃん、ありがとうねっ

赤い糸。
犬は自分で運命の糸をたぐり寄せてるというけど・・・・
ホントですよね、これ絶対。

aDSCN0322_convert_20090427232823.jpg

ところでティーちゃんの後ろ・・かなり凄いオーディオが揃ってますけど・・・
パパさんの趣味なのです。
Y家に来たのがシンちゃんでなくて良かったと思いましたね。シンちゃんはこの月齢の頃に、いろいろな電化製品のコードを噛み切り、スィッチやらツマミをもぎ取って齧ってましたからね。
やっぱり犬は、それなりに似合う家に来るもんです、納得

 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:思うこと 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 cindy家の日記, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。